メーカー・卸業者を開拓するために必要なもの

どーもー
とーばるです。

 

メーカーや卸業者を開拓する上で
これは必須だ!というものを紹介したいと思います。

これから挑戦しようと思っている方は
参考にして頂けたらと思います。

 

開拓に挑戦する前に準備するもの

まずは開拓に必須なものから紹介していきましょう。

 

・屋号、ショップ名


問い合わせするときに使用するあなたの会社名です。
法人なら会社名があると思いますが個人の場合は会社名ではなく
屋号やショップ名を決めておきましょう。

例:とーばる商事、Amazonショップ名、ヤフーショップ名 など

 

問い合わせするときは
「○○(屋号)の○○(あなたの名前)と申します」
という風に挨拶をしましょう。

 

・専用メールアドレス

個人で使用しているメールアドレスではなく
業者と仕入れや注文のやりとりをするための
専用のメールアドレスを準備しておきましょう。

 

なるべくフリーのメールアドレスは使用しない方がいいです。

インターネットプロバイダやレンタルサーバーなど発行できる
アドレスを使用することをオススメしています。

仮に準備できない場合はGmailをしようしましょう。

 

・ファックス番号

メーカーや卸業者の中には未だにパソコンが普及していなくて
ファックスでしか注文や見積もり依頼を受け付けていない場合がある。

ごく稀ではありますが・・・

 

必須ではありませんができればあった方がいいです。

今の時代、インターネットファックスがあるので
簡単にファックス番号を取得するもできます。

安価で利用できるインターネットファックス

 

・ホームページ、ネットショップ

メーカーや卸業者に問い合わせるとホームページを拝見したいと
言われることが多々あります。

法人でも企業でもないのでホームページなんてないはずです。

その場合は素直にホームページはないと伝えて構いません。

 

ネットショップを見せてほしいと言われた場合は、
すでにAmazonやヤフーショップで販売されている方は
そこのURLを教えちゃっても構いません。

 

ですが一つ注意点があります!

せどらーの場合は商品の内容にばらつきがあるので
ショップで販売している商品を見せたときに悪いイメージを
与えてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

 

メーカーの方はあなたがどういう理念で商品を販売しているか?
という点まで重要視して契約を検討しています。

どうしても見せることができないのなら
現在、ショップ構築中のためお見せできませんとでも
伝えていた方が無難ですね。

 

・名刺

問い合わせには使用しませんが商談で使用することになります。

開拓を進めていくと直接お会いして話しましょうということが
必ず発生してきますのでそのときは名刺が必要です。

 

外注して作成してもいいですがコスト高になるので
名刺台紙は文具店で購入して自作してもいいですね。

名刺台紙は1000円以内で購入できます。
テンプレートも無料で配布されているので初心者でも簡単。

 

・事業概要

あなたの企業情報が記入された資料です。

メーカーや卸業者に問い合わせると高確率で提出を求められます。

法人であれば会社概要ですが個人の場合は事業概要になります。

こんな感じの資料になります。

必要であればエクセルのひな形をお渡しします。



 

 

まとめ

以上の内容がメーカーや卸を開拓する際に必須となるものです。

 

最低限必要なものだけを説明しました。

その他にも準備していた方がいいものはありますが
これから挑戦される方は、まず上記の内容をしっかり準備して
取り組んでいきましょう!

 

あとはあなたが勇気を振り絞って問い合わせするだけです。

 

 

 

とーばるオススメのメーカー・卸仕入れ教材【期間限定特価】で提供中! 

 

 

メルマガではメーカー・卸開拓に関する
ノウハウや実践記を配信しています。

登録者にはノウハウをプレゼントしているので
メーカー・卸開拓に挑戦されたい方はGETして下さい。

メルマガ登録はこちら⇒とーばるのメルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ