メーカー・卸からの仕入れ単価ってどれぐらい?

どーもー
とーばるです。

 

メーカー・卸業者から商品を仕入れてAmazonで販売できるようになると
リピート仕入れが可能となり継続的に稼ぐことが可能となる。

そこがせどりと大きく違う点ですね。

 

では、実際にメーカーや卸業者から商品を仕入れた場合
どれぐらいの単価で取り引きができるのか?

ということを話していきたいと思います。

 

メーカー仕入れの仕入れ単価はこれぐらい

まずはメーカー仕入れの価格帯について話したいと思います。

メーカーから仕入れる場合の単価は定価の4~8掛けが目安となります。

ちなみに掛けというのはパーセントみたいな感じですね。

4掛けなら定価の40%という意味になります。

 

もう少し掘り下げて価格について話しましょう。

まず食品・飲料系を扱っているメーカーだと
4~6掛けで仕入れできることが多いです。

6掛けぐらいで仕入れできればAmazonで販売しても
利益を出しやすいので食品系のメーカーは狙い目ですね。

 

次にサプリメント、健康食品などのドラッグストア商品だと
5掛け~8掛け程度に場合が多いです。

サプリメント系の商品は、定価価格が高い商品が多く
そこから価格が半値以下になっている場合も多いので
利益を出しづらいというのが僕の印象です。

 

次に電化製品などの商品の場合、
6~8掛けの仕入れになる事が多いです。

家電などを製造しているメーカーは大手企業が多く
僕たちのような小売り業者に直接、商品を卸さずに
卸業者を挟んでいる場合がほとんどです。

仕入れできたとしても掛け率が高く利益を出すのは難しいです。

 

次に文具系商品の場合、
電化製品と同様に直接仕入れできるメーカーは少ないです。

狙うなら文具系卸業者を狙って開拓した方がいいでしょう。

 

ペット系商品の場合、
目安としては5~7掛けぐらいでしょうか。

ですがペット商品を扱う大手メーカーになると
直接仕入れるのは難しいので卸業者を通すことになります。

 

卸業者から仕入れ単価はこれぐらい

卸業者から商品を仕入れる場合、
掛け率は6掛け~8掛けの範囲になることが多いです。

僕の経験で話すと7掛けの場合がほとんどでした。

 

卸の場合はジャンル問わず相場的には同じです。

業者によっては商品によって掛け率が異なりますが
6掛け~8掛けが一般的な価格帯ですね。

 

まとめ

今、お伝えした内容はあくまで僕の経験に基づいて
話している内容です。


必ずしもこの価格帯というわけではありません。

 

上記の点をご理解の上、参考にして下さい。

それから考えるとAmazonで定価の半値以下で
販売されている商品はメーカーから仕入れても
利益を出すのは難しいという判断ができますね。

ジャンル別の価格帯も目安に商品をリサーチするときに
役立ててもらえたらと思います。

 

 

とーばるオススメのメーカー・卸仕入れ教材【期間限定特価】で提供中! 

 

 

メルマガではメーカー・卸開拓に関する
ノウハウや実践記を配信しています。

登録者にはノウハウをプレゼントしているので
メーカー・卸開拓に挑戦されたい方はGETして下さい。

メルマガ登録はこちら⇒とーばるのメルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ