ヤフオクのノークレームノーリターンって効力あるの?

ネットオークションでよく見かける
ノークレームノーリターンNC、NRという文言。

 

売買後のクレームや返品を受け付けないという意味だが
この文言に法的効力はあるのだろうか?

 

一言で効力がアリナシを語るのは非常に難しいです。
効力は持っているが条件によっては無効になる言えます。

 

効力を持つ場合と効力を持たない場合があるので
かみ砕いて説明したいと思います。

 

出品者が販売業者ならノークレームノーリターンは無効

まず、効力を持たない場合ですが、
出品者が販売業者に該当するのであれば、
返品特約制度を無視することは出来ないため返品は可能
となります。

 

仮に出品者がストア登録せずに取り引きしていても
取引数や取引額で販売業者という位置づけ
されることもあります。

 

出品者が個人だとノークレームノーリターンは有効?!

では出品者が個人の場合はどうなるのか?

 

個人との取り引きであればノークレームノーリターンは
有効と判断されますが状況によっては無効と
判断されることもあります。

 

まず、返品には大きく分けて2つのパターンがあります。

・出品者の都合で返品する場合

・落札者の都合で返品する場合

 

出品者の都合の返品
数量が足りなかったり、部品が不足しているなど
商品説明とは明らかに異なるため返品を要求する場合。

落札者の都合の返品
イメージしていた商品と違っていたので返品する。
間違えて購入したので返品するといった場合。

 

落札者都合の返品であればノークレームノーリターンの
文言は効力を持ち返品を要求するのは難しいでしょう。

クレーム、返品は受け付けないということを
了承して取り引きした以上、文句を言えません。

 

では、出品者都合の返品の場合はどうだろうか?

ノークレームノーリターンと記載はされていたが
商品説明と届いた商品に相違点がある。

部品や付属品の欠品であれば返品の要求はできると思います。
ですが、商品説明には記載されていなかったキズが付いてた場合や
動作不良になると話は違ってきます。

キズが付いていたことに出品者が気づいていたのか?
動作不良を出品者が知っていたのか?
その事実を本人が認めなければいけません。

現実的には出品者が瑕疵を認めることはほぼないです。
知っていたとしても知らなかったと言うのが
ほとんどケースになると思います。

出品者に非があると認められなければ
ノークレームノーリターンの公約を無効にすることが
難しくなります。

 

ノークレームノーリターンのまとめ

結論を話すと、
ヤフオクなどのオークションのトラブルは
解決が難航するケースがほとんどです。

 

なぜなら、ヤフオクでの取り引きに関して
規約上の問題がない限り、ヤフオクは一切仲介しない、
助けてはくれないからです。

警察に届け出たとしても
対応してくれるケースはごく稀です。

 

困ったときは消費者センターへ相談するのが
よいのではないかと考えています。

 

出品者との話し合いで解決できない場合は
裁判を起こすという方法もありますが
そうなると何十万という費用が発生すると
考えて下さい。

 

何千、何万円の商品に対して何十万も費用をかけて
裁判を起こしますか?ということです。

 

ネットオークションでトラブルに遭わないために
入札前に出品者の評価をリサーチして未然に防ぐしかありません。

・良い評価と悪い評価の割合はどうか?
・悪い評価の内容はどういった内容か?
・商品説明に曖昧な点はないのか?

など、安易に安いからという理由で入札すると
そのうち痛い目に遭いますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ