せどりの利益率は何%が目安?

せどりって利益何%ぐらい確保したらいいの?
初心者の方からこんな質問が多く来ます。

一般的には20%が以上の利益確保が目安とされていますが
これは取り扱うカテゴリーや商品、仕入れ資金によって
基準変わってきます。

そんな利益率について書いてみたいと思います。

 

そもそも利益率って何?

利益率というのは

純利益(総収益ー仕入れ額ー手数料) ÷ 売上額(販売価格+送料)

利益率の計算は「FBA料金シュミレーター」を使うことで
簡単に調べることができるのであまり難しく考える必要はないでしょう。

モノレートの商品ページからFBA料金シュミレーターを開くことが出来ます。



 

利益率の基準

利益率の基準については人それぞれです。
ひと月の仕入れ額上限額が何百万もあるなら
20%という枠に捕らわれずに利益額を意識して
仕入れを行うといいでしょう。

でも、ひと月の仕入れ額が100万以下という状況なら
利益率を意識しておいた方がいいです。

ひと月の仕入れ額が100万で利益率20%だった場合、
単純にひと月の想定利益は20万となります。
利益率が10%だと仕入れ額100万に対して利益10万となります。

資金が少ないのに利益率の低い仕入ればかりをしていると
思っているほど利益が残せなくなるので20%以上に
利益率を意識しておくといいですね。

 

カテゴリーや商品で基準を変える(高回転率)

ひと月の仕入れ額が100万以下の場合、20%以上の利益率を
意識した方がいいと説明しましたが例外のパターンもあります。

それは高回転率の商品です。

高回転率の商品というのは出品して売れるまでのペースが早い商品のこと。
食品やドラッグストアといったカテゴリーの商品は回転率が高いです。

1日に何十個も売れる商品、
1カ月以内に在庫を売り切ることができる商品の場合は
利益率を下げてでも仕入れる価値があります。

なぜなら、
仕入れて⇒出品して⇒すぐ売れて⇒また仕入れる
というサイクルが成り立つからだ!

食品、ドラッグストアのように
1日に何個も売れるような商品であれば、
利益率10%だろうと仕入れるせどらーは多いです。

ですが、
安い商品を数個だけ低利益率で仕入れても
全然利益を確保できません。

大量に仕入れて大量に販売することができるから
低利益でも仕入れる意味があります。

 

カテゴリーや商品で基準を変える(低回転率)

続いて低回転率の商品についてお伝えします。

回転の遅い商品の場合、
出品して売れるまでに時間がかかるため、
資金を取り戻すのが遅くなり、次の仕入れで
資金不足になってしまいます。

なので基本的に低回転率の商品を仕入れる場合は20%とはいわず、
利益率高めに仕入れることをオススメします。

資金的に余裕がない場合は、
あまりにも回転が遅い商品は仕入れない方が賢明ですね。
回転が遅い商品ばかりを仕入れて
資金不足になってしまったら元も子もないです。

仕入れから販売のサイクルが成り立たなくなるということ。
企業でいう倒産と同じ状況です。

 

まとめると、

資金が少ないうちは利益率20%以上という目安をもって仕入れをする。

高回転の商品を大量に仕入れる場合は20%に捕らわれずに
利益率を落としてでも仕入れる。


低回転の商品は資金を回収するまでに時間がかかるので
利益率を高めに仕入れた方がいい。


以上がせどりにおける利益率の解説になります。

あくまで個人の主観で話していますので参考までお願いします。

  

 

 

メルマガではメーカー・卸開拓に関する
ノウハウや実践記を配信しています。

登録者にはノウハウをプレゼントしているので
メーカー・卸開拓に挑戦されたい方はGETして下さい。

メルマガ登録はこちら⇒とーばるのメルマガ

コメントを残す

サブコンテンツ